ネタ・本音・趣味・シニカル・きわどいもの・些細なことetc.入り交じり
by tanik
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Not Affiliate Get Firefox
Not Affiliate Get Thunderbird
れんらくちょ
今年はネタなし 4/1

壊れてます.修理完了するまでは反応が鈍いです.
(・_________・)

引退じゃないし,消滅でもありません.

なお,記事以外の点で何かありましたらこちらから連絡くらはい.

消息確認も上リンクからどーぞ♪
ポルトガル-オランダ戦展望
予測が難しい試合の一つ.

お互いにタレントが揃っており,まとまりもよい.しかし爆発的に活躍する選手があまりいないという点でも同じ.

前線での比較ではフィーゴ-パウレタ,ロッベン-ファン・ニステルローイという点でも互角.若さによるオランダか熟練のポルトガルかというところ.

ポイントは前線をサポートする層が厚いポルトガルと,サイドからの切り崩しが強力なオランダ,どちらの攻撃が勝りどう守っていくか.

中盤の球出しどころが多いポルトガルがやや優勢か.
2点差以上はなさそうな試合.PKまでもつれる可能性もあり.
--試合後追記--
ここまで荒れる試合になるとは誰も予測してなかったはず.確かに点で見ればカードもののプレーが多かったことは確かだが,途中でそのラフぶりをコントロールすることも出来たはず,という点で審判が責められるのは仕方がない.
結果的に双方とも2人ずつ退場者を出したせいで攻撃も守りも淡泊なものになってしまったことは試合を楽しみにしていたファンにとっては残念.
コスティーニャが退場するまでは双方とも持ち味を存分に出していたことが唯一の救いか

 
[PR]
by tanik | 2006-06-26 02:15 | 日常
<< イタリア-オーストラリア戦展望 一番の山場 >>


以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧