ネタ・本音・趣味・シニカル・きわどいもの・些細なことetc.入り交じり
by tanik
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Not Affiliate Get Firefox
Not Affiliate Get Thunderbird
れんらくちょ
今年はネタなし 4/1

壊れてます.修理完了するまでは反応が鈍いです.
(・_________・)

引退じゃないし,消滅でもありません.

なお,記事以外の点で何かありましたらこちらから連絡くらはい.

消息確認も上リンクからどーぞ♪
船頭多くして船山に上る(違
(llllll゜□゜)ハッ 船頭違い,扇動じゃないか…
ちょっと真面目な話なんでお暇ならどーぞ.

昨今国の首長のやすくなーに対して特に近隣の2国から「右翼化」とか「軍国主義への転換」といった類の発言が出ているみたいだが,違った見方で違った指摘をしてみる.

というのもメディアの非中性化について.特に一般紙やニュース報道などについては偏ったものでなく中性的なものが求められるべきだと思う.

しかし,ここ最近の出来事だけでいえばカーメの件や15日の参拝の件など,局によってかなり一方的な報道に走っていたように思う.少しの専門家やいわば扇動された一般人の意見を持って「国民の」とか「みんなの」意見ということにされている.
そしてその報道を聞いたり見たりした人が「ああ,それが唯一の事実なんだな」ととらえてしまっている.それが真実であるかどうかとは判断せずに.

これを応用して考えれば,「メディアは国家を動かせる.右にも左にも」ということになるような気がする.
「国の総意は首長が判断するのではなく,メディアが決めるのである」
そう,結局良い方向にも悪い方向にもいく土壌を作っているのはマスメディア.

そういう世の中でもヤンのように起立して拍手喝采することなく黙して座り続けたいものです.
[PR]
by tanik | 2006-08-22 21:46 | 日常
<< 思いつき 愉快痛快 >>


以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧