ネタ・本音・趣味・シニカル・きわどいもの・些細なことetc.入り交じり
by tanik
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Not Affiliate Get Firefox
Not Affiliate Get Thunderbird
れんらくちょ
今年はネタなし 4/1

壊れてます.修理完了するまでは反応が鈍いです.
(・_________・)

引退じゃないし,消滅でもありません.

なお,記事以外の点で何かありましたらこちらから連絡くらはい.

消息確認も上リンクからどーぞ♪
タグ:W杯 ( 48 ) タグの人気記事
おおもと
昨日から始まったサッカーW杯、
マスコミでは「日本での盛り上がりはいまいち」というような報道もみられますが、
その原因を考えてみました。

事前の国際戦で勝てなかったから?
違うなぁ、勝つだけなら相手を選べたはず。チャレンジゃブルだったからそうなっただけ。

というところで試合を録画するために放送予定をみてみた。


理由がわかりました。スカパーだ。
一部の試合、スカパーが独占してやがる。
だからこそ地上波連中は「盛り上がっていない」ということにしていたのか。

加えてそのような状況だからこそTV販売の「W杯商戦」をメーカーとしてははれません。
(W杯見るために買ったのに見たい試合が見れなかった、というクレームがくるのは目に見えてますから…)

世間で「W杯」という言葉が氾濫しなければ、興味が薄いヒトは当然惹きつけられませんし…
決勝トーナメントからはほぼ全試合見れるから、最低限の我慢はしてやるか。
[PR]
by tanik | 2010-06-12 20:18 | 日常
サッカー中継での脊髄反射
サッカー、W杯出場が決まりましたけど(遅、
大好きなサッカーであっても受け付けないものが三つあります。

一つ、
親父のテレビ前でのヤジ
シュートミス・パスミス・トラップミス、何でもミスがある旅に「あーへたくそー」
野球のエラーと同レベルで見てるらしいです。

二つ、
某テレビ局がキャッチフレーズにしているこれ
「負けられない、試合が、そこには、ある」
スペイン相手でもブラジル相手でも世界ランク最下位のパプアニューギニア相手でも、どの試合でも言ってるジャン。
へたくそな煽りはやめてケレ

三つ、
セルジオ&安のコンビ解説。
「コレジャだめデスヨ」「いーですねー」
この二種類に値する発言を全部取ったら…何も残らないというところ。
まぁ、前出のキャッチf(ryをあげてる局しか相手にしてないのだろうけど

この三つが出そろった今日のバーレーン戦、途中で見るのやめちゃった><

個人的に解説で聞きやすくわかりやすいのは、某衛星W局のきーちゃんかなーと思ってたり。
[PR]
by tanik | 2009-06-10 21:11 | 日常
ジダン退場一考察
何ともあの場面で不可解なジダンの態度について考えてみる.

まず映像から読み取ることが出来る状況.マテラッツィとジダン何か言い合う.突然ジダンきびすを返しどう見ても意図的に頭突きを食らわせる.

私は読唇術なんてできないし,ましてや英語イタリア語フランス語の読み取りは出来ない.そこら辺は専門家に任せるか本人たちの証言に任せるしかないでしょう.

普通のニュースなんかでは「ジダンのプレーはすばらしいものがあるが,時々キレることがある.その証拠に重要な試合での退場が多い」などといわれている.退場が多いのは確かだが,プレーを見ていればこれは少し違うんではないかとは思うが…
普通に考えれば言い合いの中で何か看過どころではないようなことをマテラッツィが言い,ジダンが行動に出た,と.

では何を言ったか.
1,個人的中傷
2,チームに対する中傷
3,国・民族に対する中傷
等が上げられると思う.特に有力視されているのが3に入る(人種)差別的な発言.1と2に分けられる内容ではないとは言い切れないが.

・今後取られるかも知れない処罰について.
ジダンに対しては明らかな意図的暴力的行為と言うことと引退を表明していると言うことで,建前上の5試合くらいの出場停止処分は免れないだろう.あとは,大会MVPの剥奪,ということもあり得るかも.
マテラッツィに対しては発言内容が明らかになった場合その内容によってはかなり重い処分が下ることも予想される.特に人種差別などにつながる発言だと….ということで自分からの告白はないだろう.
 
[PR]
by tanik | 2006-07-11 20:17 | 日常
イタリア-フランス戦展望
正真正銘今回の大会最後の試合.ならびにジダン現役最後の試合.

両チームとも戦力としては守備の方が高く評価されている.それに対して攻撃陣は核となる選手はいるもののイマイチバラエティに欠けている.

イタリアは点を取るチャンスとしてあげられるのはカウンター並びにセットプレー.今までの調子から見てパスなどで相手ディフェンスを崩して取る,というのは難しそう.

フランスも攻撃パターンはほぼ同じだが,両サイドのリベリーとマルダが攻撃的な点,チャンスは多く生まれそう.逆にここらのアタックをカットされたときのカウンターという弱点も生まれるが.

試合を左右するのは良くも悪くもやっぱりジダンになるだろう.彼へのマークが適度に収まればイタリアもセットプレー以外は守りきれるだろうしカンターなどからの絶好のチャンスも生まれる.逆に過剰すぎたり甘すぎたりすると,空いた選手が出てきたりキラープレーを与えたりする.

後半20分過ぎまでスコアレスだとイタリア有利,それ以外だとフランス有利,といったところではなかろうか.

個人的にはフランス優勝でジダンに有終の美,という劇的な幕切れで終わって欲しいが.
 
[PR]
by tanik | 2006-07-10 00:32 | 日常
ドイツ-ポルトガル戦展望
正直「意味がない」とも一部でいわれ続けている3位決定戦,どこまで両チームが総力を挙げるかわからないだけにいっそう予測は難しい.

ドイツはカーンが先発,バラックは出ない,メルテザッカーももう離脱している,クローゼも疲れがたまっているみたいなのでフルコンディションでのプレーが難しいどころかでないかもしれないとの噂.さすがに地元で有終の美で終わりたいだろうから必要以上にはメンバーは落とさないだろうが…
でもそこはさすがに層は厚い.バラックの穴は簡単には埋まらないが,そのほかのポジションはレギュラーと同等の力を持っている選手.ただしクローゼが出ない場合の先発が予想されるノイヴィルが90分間同じパフォーマンスが見せられるか疑問視せざるを得ない.

一方のポルトガルもディフェンスリーダーのリカルド・カルバーリョの出場停止,ミゲルも負傷で出れるのかわからない状況は苦しい.だからといってバックアッパーではかなり力は落ちるというほどではないのだが.

総合的に見るとフリードリッヒがディフェンスラインの調整に出遅れている感があるドイツ守備陣をポルトガルのスピードあるアタッカーたちが破り,カーンがどこまで立ちはだかるか,というところではないか.あとはバラック無きドイツ攻撃陣がどこまで機能するか.
 
[PR]
by tanik | 2006-07-09 01:21 | 日常
フランス-ポルトガル戦展望
かなりの好ゲームが期待できる一戦.

フランスは恐らくこれまで通りのメンバーで来るだろう.次の一戦を考えるとジダンなどのセンターラインの選手たちには休息を与えたいだろうが,そこまでするほどの余裕はない.変更があるとすればヴィルトール,トレゼゲあたりが先発して様子を見る可能性はあるが…
また,ジダンは途中交代できる試合でもフル出場を続けている(出場停止を除く).恐らく彼の希望で体が動く限りピッチに出させてくれ,と監督とかチームメイトなどと前約束があるのだろう.これまでのプレーでは特に動きが悪くなる,ということがなかっただけに期待は出来るが疲労の蓄積がどれくらい取れているかがポイント.良くも悪くも彼の存在がゲームを動かしているから.

一方のポルトガルも主力選手が戻ってきてほぼフルメンバーで戦える.クリスティアーノ・ロナウドに持って行かれている目をデコがどこまで引き寄せられるかが試合を左右しそうだし彼自身も問われる.

双方とも守りは堅いので普通にいけばそれほど得点は入らないはず.でもチャンスは必ずあるはずなので,注目されるべき攻撃選手がいかにチャンスを確実にものに出来るか,その差で試合は決まりそう.
単純に見れば攻撃の起点がいくつもありアンリも上り調子なフランスがやや有利か.
 
[PR]
by tanik | 2006-07-06 03:26 | 日常
プチショック
今日も死後と,まだマシだったが疲労困憊モード.
仕方ないが疲れすぎでコンサートはキャンセルすることに…
向こうからここにやってきてくれるなら聴くんだけどね(ぉぃ

結果をすでに知っていたものの,PK戦までいくことも考慮して延長しておいた録画,少し最後の部分をカットできるなぁと思っていたら…

( ゚д゚)

なんで延長部分になって教育テレビにうつんねん!
こんな,こんなひどい仕打ちするNHKはん…りょ,料金返してくれるんやろな!
とはとてもいえない小心者の私でした_| ̄|○


68.4kg,15.6%
 
[PR]
by tanik | 2006-07-05 17:55 | 日常
ドイツ-イタリア戦展望
両チームともまとまった組織力で勝ち上がってきたチーム.それだけに一つ歯車が狂えば一方の完勝と結果につながりかねないが…

ドイツにとってのウィークポイントはフリンクスの欠場.当初心配しされていたドイツディフェンスのバランスを取っていたのは彼と最終ラインの関連が大きいような気がする.フリードリッヒ自身の調整もあったろうが….彼の穴はボロウスキかケールかといわれているらしいが,攻撃と守備のバランスを考えるとより守備的なケールの方が好ましいといえる.もうひとつ心配なのがバラックのケガ.アルゼンチン戦では痙攣だったみたいだが,やむなく残り時間も動いていたことにより患部への負担が残っているようだとかなり痛い.

イタリアは安定した守備陣があるだけにキーは攻撃陣.トッティやトーニが上り調子とはいえまだ不安定であることには変わりない.またディフェンスも安定しているとはいえカードが連発してしまうようだと危うい.

試合のカギは月並みだが「先取点をどの時間帯でどちらのチームが取るか」ということにつきるだろう.
 
[PR]
by tanik | 2006-07-05 01:07 | 日常
ブラジル-フランス戦展望
すべてが計算通りに働けばブラジルの勝利は揺るぎない.

しかし計算しづらいのはブラジル攻撃陣が爆発しないこと.ディフェンス陣は安定しているものの要所で決めるといった程度.いや,程度といった言い方は悪く言い過ぎかも.要所を締めて必要以上のところはせずに隙があったらアタックしてみるといった方がいいかも.
フランスもディフェンス陣は安定している.問題は攻撃陣.ここのところ登り調子とはいえるが,ジダンに比重が高くなっているのは否めない.スペイン戦で見せたようなジダンを経由しないようなプレーが出れば十分に勝機はある.
 
[PR]
by tanik | 2006-07-02 02:47 | 日常
イングランド-ポルトガル戦展望
双方とも絶好調とはいえず,逆に「らしい」試合で勝ち上がってきたチームだが…

ポルトガルにはデコとコスティーニャの欠場という大きなマイナス要素がある.クリスティアーノ・ロナウドのケガはたいしたことはなさそうだが,攻撃と守備の要を欠くことは痛い.
イングランドもランパード,ジェラードが前に出れないときはベッカムの右足頼みになることが考えられるが,そうなる前に先制しておきたい.

勝つにせよ負けるにせよポルトガルには累積カードも多く,苦しい試合になるだろう.

--試合後追記--
攻めに決め手が無くなかなかイングランドディフェンス陣を崩せないポルトガル,一方のイングランドも攻めるものの今一歩崩しくれず膠着状態が続いたが,ベッカム交代直後のルーニーレッドで一気に流れが傾いた.ポルトガルが一方的に攻め,たまにボールを奪ったときはカウンターという単なる繰り返しの作業.あれで点を奪えなかったポルトガルの攻撃陣の不甲斐なさを攻めるべきか,がちがちに固めて守りきったイングランドを褒めるべきか.

 
[PR]
by tanik | 2006-07-01 22:36 | 日常


以前の記事
最新のトラックバック
カテゴリ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧